Macに眠る写真キャッシュの正体

iMacの写真や映像データは外付けSSDに保存しているのに、なぜ内蔵SSDの空き容量が少なくなっているのだと思い、DaisyDiskで調べてみる。
すると容量を食っているもののひとつがライブラリフォルダの中にある「com.apple.iLifeMediaBrowser.ILPhotosTranscodeCache」というキャッシュフォルダ。
どうやらiPhoneで撮影した写真(HEIC)ファイルを他のアプリから参照できるようにするためのJPEGファイルが作られているみたい。
このフォルダの容量が100GBくらいに達している。
このキャッシュは、消してもまたすぐに生成されるようだ。
せっかく写真データは外付けに保存しているのに、せっせと内蔵ディスクにキャッシュが作られていたなんて、なんか切なくなる。

Posted in Mac, potpourri | Leave a comment

Macのストレージを整理した話

今まで何台かのハードディスクに保存されてきたデータをまとめて整理することにした。
iMac本体のSSDは512GB。
これだけでは賄えないので外付けドライブを用意する。

まずはOWCのEnvoy Pro EX。Thunderbolt3接続のSSDだ。
ブラックフライデーのセールで1TBモデルが日本への送料込みで300ドル。
その後1TBモデルはラインナップから消えてしまったようだ。
Blackmagic Disk Speed TestのスコアはReadが1000MB/s、Writeが700MB/sくらい。
比較的安価な2.5インチSSDをケースに入れて使うことも考えていたが、なかなかお買い得だったのではと思う。
このSSDには写真や動画、iTunesライブラリの保存先にすることにした。

そしてもうひとつ大容量のハードディスクを。
LogitecのHD-ENA040U3WRH
容量4TBで、WD Red搭載をうたっている。
ここにこれまでの数台分のハードディスクのデータを集めて、さらにiMacのTime Machine用途とする。

過去に使っていたのは2012年に購入したWDのMy Book Studio II。
そしておそらく15年くらい前に購入したアイオーデータの120GBのハードディスク。
何回も引越しを経て今なお壊れずにデータが読み込めたのはすばらしいと思う。
当時はFireWire(400/800)接続だったので、いまとなってはUSB 2.0でしか接続することができず時代の違いを感じさせられたけど。

Posted in Mac | Leave a comment

Mac OSじゃない、macOSのメモ

Apertureから移行したmacOSの写真.app どうもイマイチあやしい。
iPhone XSからカメラロールの写真を読み込もうとして「読み込み後に削除」を設定して読み込んだら、
読み込みされず写真だけが削除されてしまった。
iPhoneのカメラロールからも消えているし、Mac側の写真ライブラリのMastersフォルダにもない。
いったいどこへ消えてしまったのか。

いままでこんなことは一度もなかったからなあ。
とりあえず、「読み込み後に削除」を使ってはいけない。
そして、写真.appはイマイチ信用ならない。

Posted in Mac | Leave a comment

10年ぶりにiMacを購入したので更新してみる

前回購入したiMacはEarly 2008モデル。
数年前にグラフィックボード故障で壊れてしまい、サヨウナラ。
今回、2017年モデルを購入しました。
実に10年ぶりということになろうかしら。

(追記)
Mac OSの時代からmacOSの時代。
いろいろデータが入っている外付HDDのほとんどが、FireWire800またはUSB2.0というのが一番の問題か。
Thunderbolt 3から変換するには、アダプタを2つ使うか、
OWCの高価なThunderbolt 3 Dockを使うか…。
メモリも高止まりしているし、環境整備には時間かかりそう。

Posted in Mac | Leave a comment

レミオロメン状態

SN3K04520001.jpg

昨夜から断続的に。
一冬に2回も市内でこんなに雪をみるとは、
今までの人生で一番寒いとこで暮らしてるかも。

Posted in potpourri | 1 Comment