Macに眠る写真キャッシュの正体

iMacの写真や映像データは外付けSSDに保存しているのに、なぜ内蔵SSDの空き容量が少なくなっているのだと思い、DaisyDiskで調べてみる。
すると容量を食っているもののひとつがライブラリフォルダの中にある「com.apple.iLifeMediaBrowser.ILPhotosTranscodeCache」というキャッシュフォルダ。
どうやらiPhoneで撮影した写真(HEIC)ファイルを他のアプリから参照できるようにするためのJPEGファイルが作られているみたい。
このフォルダの容量が100GBくらいに達している。
このキャッシュは、消してもまたすぐに生成されるようだ。
せっかく写真データは外付けに保存しているのに、せっせと内蔵ディスクにキャッシュが作られていたなんて、なんか切なくなる。

This entry was posted in Mac, potpourri. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *