Author Archives: kawamurya

おたくの裁判官ってどんな人?

兵庫氏なら生演奏を聴いたことがあるかもしれないと思った。  福岡高裁の裁判官や職員らでつくる5人組のロックバンドが、裁判員制度のPR曲「スタートライン」をつくった。(中略)バンドの名前は「ザ・シークレッツ」。メンバーはボーカルを務める福岡高裁事務局長の裁判官、平田豊さん(50)のほか、同高裁と福岡地裁、佐賀地裁の書記官らだ。 22日付の朝日新聞より。 福岡で裁判員に選ばれると、いきなりこの曲のPVとか見せられるのだろうか。

Posted in national affair, potpourri | 3 Comments

富士宮焼きそば

うどんの次がそばの話題で申し訳ないが。 自分が静岡に住んでいた頃には全然知らなかったけど、 いつのまにかご当地B級グルメの代表選手的地位になってきた富士宮焼きそば。 ある人のリクエストにより、 お正月静岡に帰った際に「肉かす」を購入。 で、後日せっかくなので麺やソースも実家からおくってもらい、焼きそばを囲む会。 ここ香川で立派な富士宮焼きそばが再現できました。 コシの強いうどんの地の人には、コシの強いやきそば麺がいけるのか? それとも肉かすがいい味出してたのか? だし粉の物珍しさが効いたのか? とにかく好評でよかったです。 なんでも高松三越に富士宮焼きそばセットが入荷することもあるそうで、 なんだか隔世の感だなあと思う次第。

Posted in potpourri, shizuoka | 4 Comments

2009年年頭所感

あけましておめでとうございます。 本来なら年末年始に一度は静岡に帰っているはずだったのが 結局ずーっと(三が日は仕事だったとはいえ)高松にいますが、何か。 しかし今年は3回目にして初めて香川らしい正月を体験。 香川では正月にクリームシチューを食べる。 白みそがなぜかとろみがあってクリーミー、 餅はつぶあんが入ったあん餅。 よって全体的にかなり甘い(最終的にお汁粉みたくなってきた)。 関東風の雑煮はとか、関西風は、とか言ってる場合じゃない。 (雑煮といえば鶏肉だろうと言ったら、こっちの人には「?」だった) ついでにもう一軒はしごして「あん餅雑煮」ツアー。 雑煮を外で食べることなんてめったにない。 静岡では青のりをおでんに使いますが、こちらでは雑煮に使います。 ついでに初詣。 やたらといろんな置物がある神社だった。 そういうわけでやっと年頭所感にたどりついたが、 まだ学生な人も、 学生じゃないようで学生みたいな人も、 そろそろ初の転勤が見えてきた人も、 みんな今年は一花咲かせるべくがんばりましょう。

Posted in kagawa, potpourri | Leave a comment

年を越さないうちに2008年を

振り返ってみますか。 学生卒業して精一杯な兵庫がやってくれないようなので。 ともかく、もはや死語になりつつあるutnp的に一番の大ニュースは 理事長の総長就任であろう。 オバマより上をいくチェンジを期待したい。 民放の(ローカルな)年末ハイライトを見ていたら、 半分以上岡山の話というか、 大事件という意味ではやはり岡山>>>香川であることを改めて実感した。 向こうは ・岡山駅突き落とし ・岡山市政令指定都市へ ・ファジアーノがJ2昇格 ・チボリ公園閉園 おとなしく年越しうどん食べて紅白を見よう。 元日からまた仕事だし。

Posted in potpourri | 2 Comments

なんとなく旧字体じゃないから違和感

東京大学は27日、小宮山宏総長の任期満了に伴う総長選挙を実施し、新しい総長に浜田純一理事・副学長(58)を選んだ。任期は来年4月1日から6年間。(朝日新聞より) とりあえずおめでとうございます。 記者会見で「ボランティアや海外経験など、社会でもまれることで、もっとタフな東大生を育てていきたい」などと語った。 というのはものすごく普通ですけど。 まずは今後の東大関係のネーミングセンスに期待したいと思います。

Posted in potpourri | 1 Comment