Category Archives: national affair

おたくの裁判官ってどんな人?

兵庫氏なら生演奏を聴いたことがあるかもしれないと思った。  福岡高裁の裁判官や職員らでつくる5人組のロックバンドが、裁判員制度のPR曲「スタートライン」をつくった。(中略)バンドの名前は「ザ・シークレッツ」。メンバーはボーカルを務める福岡高裁事務局長の裁判官、平田豊さん(50)のほか、同高裁と福岡地裁、佐賀地裁の書記官らだ。 22日付の朝日新聞より。 福岡で裁判員に選ばれると、いきなりこの曲のPVとか見せられるのだろうか。

Posted in national affair, potpourri | 3 Comments

小沢さんもどうせやるんだったら

政権交代を成し遂げるにあたってまずは私に対する信任投票を求める、 くらいの所信表明を最初からきちんとやっていればよかったのに。 「政権担当能力への不安」を代表自らの行動で証明してしまってどうするのですかと。 なんでこう民主党はいつも、今が肝心というところで自ら勢いをそぐことをするかねえ。 まあそもそも自民党に対する相手が小沢さん、ということに違和感を感じ続けてきたけど。 福田首相がやり手にも見えてくる。 やっぱり群馬には逸材が多いのか。

Posted in national affair | Leave a comment

そういえば小泉さんてまだ議員だったんだ

国会開幕。 ひさーしぶりにテレビで前首相を見たけど、なんか髪の量が増えていたような。 本人はあまり影響力を行使するつもりもないみたいだし、 そもそも党内に基盤があるのかって感じだし。 この人が何年も日本のトップだったとは。 ほんととてつもない国、ニッポン。 それでも横須賀の誇りだけど。 しかし正直に申し上げると、 テロ対策特別措置法っていったい何なのか、よくわかりません。 インド洋でアメリカのガソリンスタンド役を続けることだけに、 彼は職を賭しているのか? それを止めると、それほど大きな影響が出るのか? 別に民主党の肩を持つつもりはないけど、 もっと別のところに職を賭してもいいのでは。

Posted in national affair | Leave a comment

最近のニュースいろいろ

踏んだり蹴ったりの農水省。 インパクトのある風貌と就任会見で、ネタっぽさを出していた大臣が、ほんとにネタになってしまうとは。 農水省はお祓いでもしてもらったほうがいいんじゃないかと。 しかしこれでもまだ安倍内閣は続きそうだから、 やっぱりそこはただ者じゃない。 若林大臣も、まさかこんなに何度も任命されるとは思ってなかったろう。 いや「あり得べきことかと思っていた」と、実は予想していたっぽいが。 さて、遠藤大臣のかげに隠れてしまいがちだが、 こちらも政治とカネの問題で深夜に記者会見させられるはめになったのが 坂本由紀子外務政務官。 この人、石川知事から誘われて静岡県の副知事もやっていた人だ。 当選一回で政務官とはけっこうやるなと思っていたのに。 話がどんどん変わるが、その石川知事。 歯ぐきにできたがんの治療を受けた。 この話をうけて一部には「空港開港花道論」も出てきたとか。 最後に石川知事が目の敵にしてきた「のぞみの静岡県通過」だが、 毎日新聞の解説によると、JR東海が本腰を入れ始めた中央リニア新幹線が実用化すれば バイパスとの役割分担で、現在の「のぞみ」で素通りになっている静岡県内の駅にも東海道新幹線などの列車をより多く止められるようになり、日本の大動脈はより太く、より速く、よりきめ細かくなる。 とか。 なるほど、こうすれば直接には関係のない静岡県からも多少は建設費を徴収出来たりして。 さすがだな毎日。

Posted in national affair | 2 Comments