油津は田舎かなーと思うと鉄道も通ってるし飲み屋もけっこうあるし、まあ衣笠みたいなものか。

とはいえ電車じゃなくディーゼルだし。車内の女子高生はなまってるし。やっぱりここは九州の素敵な田舎です。

こないだハードディスクの中身を整理していたら、むかしのレジュメや原稿などをついつい見返してしまった。

あの時期は毎週レジュメを作っていたわけで、何をやっていたのか手元に形にして残っているのがなかなか興味深い。手帳もちゃんとつけてたし。今はそういうのがあまり必要ない仕事の仕方をしてるからなあ。

しかしだ。当時のレジュメの大部分がクラリスワークスなんだ…。今じゃあ見られないよパトラッシュ…。このこともまた興味深い。

SN3K034700010001.jpg

チケット買わずでもここまで見られるのはいい球場。
ただしチーム力は(ry

なんかコメント欄が意味不明になっていくので…

 東京大は23日、科学研究費補助金の不正使用問題で、内部調査委員会のメンバーだった事務職の課長ら4人が虚偽の調査報告書を作成したとして戒告処分としたと発表した。調査委員長を務めた当時の副学長ら理事2人も虚偽を認識していたと判断したが、既に退職しているため、浜田純一学長から遺憾の意を伝えるにとどめたという。【時事通信23日付

入学式のニュースではまじゅんの正装みたのがもえ。祝辞の内容はなんか毎年同じような気がするけど。

しかし旧字体じゃないとなんか別人みたいだ。
まあ、総長である時点で別人のようなものかもしれないけど。

みつばさんってなんだ?

iMacの調子が悪かった。
正確にいうと、iMacの内蔵ハードディスク。

ハードディスクにアクセスしているのかどうかよくわからないままシステムがフリーズし、
再起動するとハードディスク(内のシステムファイル)が認識できず起動しないというもの。
OSのインストーラDVDから起動してディスクユーティリティでみると、
容量0バイトの「Media」とのみ表示される。

その後ほうっておくと何事もなかったように起動できるようになるので
だましだまし使っていたが、とうとう全然復活しなくなった。
物理的に壊れてしまったか?

不幸中の幸いは、Time Machineによって作られたバックアップがあること。
(これがあったから惰性で使ってこれたともいえる)
とりあえず外付けのハードディスクを買ってきて、そこにシステムを復元した。
復元は1時間弱で終わって、外付けディスクに以前と同じ環境が戻った。
当面、これで今までと同じように使えるはず。

しかし買って2年経ってないんだけどなあ、このiMac。
その間に引っ越しがあって、調子が悪いのはそれ以降なので、
輸送中の振動のせいか? それとも広島の水があわなかったのか?

今のパソコンで一番信頼性に不安があるのはハードディスクかもしれない。
データがなくなったらもうどうしようもないわけで。
将来的にはデスクトップもSSDが主流になったりするんだろうか。

« Older entries § Newer entries »