TweetDeck: 一定数以上RTされた投稿をハイライト表示

TweetDeckの便利な使い方について。
TweetDeckで、リツイート数の多い投稿をハイライト表示するメモ。

2つのブラウザ機能拡張を使うことにした:
Tampermonkey
Better TweetDeck

Tampermonkeyに用意したユーザースクリプトがこれ。

'use strict';
function rtCount() {
    const retweetCount = document.querySelectorAll('.retweet-count');
    retweetCount.forEach(function(item, index){
        if(item.innerText.match(/[0-9]k/)) {
            const parent = item.closest('.stream-item');
            parent.classList.add('retweet-highlight');
        } else if(item.innerText > 100) {
            const parent = item.closest('.stream-item');
            parent.classList.add('retweet-highlight');
        }
    })
}
setInterval(rtCount, 10000);

今回は、RT100件超をハイライトすることにした。
1000件を超えると1Kといったように表示されるので、それを考慮。

TweetDeckのHTMLを解析した結果
.retweet-count 要素を取得して
▶︎1Kや2Kが含まれる場合(正規表現検索)
▶︎数字が100を超える場合
投稿全体を囲む .stream-item 要素に retweet-highlight クラスを追加する。

で、Better TweetDeckのカスタムCSS機能を使って
.retweet-highlight に任意の背景色を追加。

RT数が増えた時などに対応できるように
setInterval関数を使って
スクリプト自体は10秒ごとに繰り返すようにする。

とりあえずこれで望み通りの動作ができるようになった。
最近勉強し始めた、JavaScriptが役に立った。

Googleでカラーピッカーと検索すると便利なことも発見。

Published
Categorized as Web

GIMPでAdobe Fontsを使う

Adobe Fontsの使い方について。
Adobe Creative Cloudに含まれるAdobe Fonts(TypeKit)。
フォントが同期されていれば、Adobe CC以外のアプリケーションからも利用可能になる、のだが自分が使っている環境の場合、GIMPではそうはいかなかった。
いろいろ探って、Adobe FontsをWindowsのGIMP 2.10系で使えるようにする方法にたどりついたのでメモ。

GIMPの設定にはフォントを読み込むフォルダを指定するところがあるのだが、Adobe Fontsが含まれているパスを追加しても、読み込んでくれなかった。

そこで、GIMPが利用しているFontconfigの設定ファイルを直接編集。

C\Program Files\GIMP 2\etc\fonts\conf.d\51-local.conf

ここにAdobe Fontsのパスを追加。

<dir>C\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\CoreSync\plugins\livetype</dir>

これでGIMPを起動したら、認識してくれるようになった。
Inkscapeでも、同様の方法でいけるはず。

Published
Categorized as Web