Adobe Acrobat Readerのショートカットが勝手にデスクトップに作成されてうざったい。一度消してもいつのまにかまたできている。うざったい。
Windows 10環境での話(Parallelsで利用)。

結論でいうと「勝手にショートカット作成」だけを阻止する方法はないようだ。

原因は自動アップデート

どうやらAcrobat Readerの自動アップデートが行われるたびに、デスクトップにショートカットが作成されている。じゃあ自動アップデートの有無を選べるのか、と調べると環境設定メニューにそれらしきところはない。

自動アップデートの設定をメニューから変更できるのは、有償版のAdobe Acrobatだけ。
無償版のAcrobat Readerで設定を変えるには、Windowsレジストリをいじらないといけない。

Windows 版 Acrobat / Acrobat Reader の自動アップデート時の挙動は、Windows レジストリの値を編集して設定を変更できます。

アップデーターの自動チェックを変更する / 無効にする方法 (Acrobat/Reader)

わざわざそこまでするのは面倒だ。
レジストリから変更すれば自動アップデートを防ぐことはできるだろうけど、おそらくこれでもアップデートを手動インストールしたときにはデスクトップにショートカットが作られるのだろう。

自動アップデート自体はセキュリティの観点からも理解できる(インストールするタイミングくらい選ばせて欲しいけど)。
ただ問答無用でデスクトップにアイコンを置きにくるのは強権的すぎないか。
本当に欲しいのはデスクトップにショートカットを作るかどうかの選択肢だ。

エンタープライズではカスタマイズも

Acrobatのインストーラーパッケージをカスタマイズするツールは配布されていて、インストーラーがデスクトップにショートカットを作成するかどうか決められる模様。ただしこれはエンタープライズなどでAcrobat Readerを組み込んで配布するためのもので、一般ユーザー向けのソリューションではないからなあ。